Menu

メガネの修理

Home
メガネの修理 | 横浜市 鶴見区 眼鏡(メガネ)のことならサンケイメガネ
メガネの修理

メガネがグラグラする

■縁なし、ツーポイントフレームの場合
レンズを留めているネジが緩む事があります。ネジを締めれば済む事ですが、レンズを破損させないための絶妙な力加減が必要です。ご自身ではやらない方が良いでしょう。当店では、特別な部品を使う必要がなければ無料で直します。

■半分縁がない、ナイロールフレームの場合
レンズを留めているのは細い透明な糸です。糸が切れたり緩んだりしてレンズがはずれることがあります。ご自身で直すのは困難です。当店では、フレーム本体に異常がなければ、余程特殊な糸でない限り、無料で直します。

鼻あて(パッド)がとれたら

フレーム本体の故障でなければ、新しいパットに付け替える事ができます。汚れにくいハードパットとあたりがソフトなシリコンパットがあります。特殊なタイプでなければ、両側で数百円から千円程度です。汚れが目立つようになったら交換をお勧めします。

耳あて(先セル、モダン)が割れたら

耳にあたるプラスチックの部分です。つやがなくなると割れやすくなります。この部分は交換できます。普通のプラスチック製で両側2,000円(税抜)からご用意できます。ただし、色、形は限られます。

折れたフレームの修理

メガネは大きく分けて3つの部品でできています。まず、正面の部分、レンズを固定しているフロントと、脇の部分、〝つる〟と言われているテンプルが左右に2本、そのいずれかを付け替えます。ただし、取り替えた部分だけが妙に新品で目立ったり、すでにメーカーに在庫がない可能性もあります。交換できる場合、2~4日で仕上がります。料金は、その都度、お見積もりいたします。

フレームの取れた部分を溶接

ロー付け修理もしくはレーザー溶接になりますが、高熱で処理するので、プラスチック素材のフレームにはできません。また、そのままでは少々痕が残るので、フレーム全体を再メッキします。きれいに仕上がりますが、強度は、あまり期待できません。お預かりして3~4週間かかります。料金はお見積もり致します。

メガネのリフォーム

壊れたメガネのレンズをリフォームして新しいフレームに

お使いのメガネのレンズを他のフレームに入れ替えて使用することができます。近視の場合、小さくなる分レンズが薄く仕上がり、しかも軽くなります。おおむね即日にできますので修理するより早く仕上がります。
※フレーム・レンズの都合上、お受けできない場合がございます。まずはご相談ください。

レンズ度数交換保障

当店でお作りしたメガネでレンズ度数に不具合のある場合、レンズを交換致します。
■当店で計測の場合…6ヶ月以内無料
■病院の処方箋にてお作りした場合…2ヶ月以内無料
 ※同一の病院での再処方が必要です。